良い姿勢でウォーキングをすることが大事です。だらけた姿勢で歩いていると、どんなにせっせとウォーキングをしていても効果は期待できません。ウォーキング中は、背をきちんと伸ばしましょう。気をつけるのは呼吸です。酸素をたくさん体に取り入れることができる腹式呼吸を心がけましょう。ウォーキング中にたくさんの酸素を体に取り入れると、より活発な有酸素運動ができるようになります。

ウォーキングをダイエットに役立てるには、しっかり腹式呼吸をして、脂肪を燃焼するための酸素を送り込めるようにします。腹式呼吸に慣れていない人は、いきなりウォーキングにとりいれるのは難しいかもしれません。腹式呼吸を試しにやってみて、ウォーキング時にできるようにしておきましょう。

腹式呼吸が自然と出来るようになってきたらウォーキングに取り入れ、より高いダイエット効果を目指しましょう。最近ではウォーキングのための靴や服、歩きながら聞ける音楽プレーヤーなどもあり、道具類を揃える楽しみもあるでしょう。体に負担をかけすぎずにダイエットができるよう、自分なりのウォーキングを続けていきましょう。

関連ページ