包茎手術を子供の時にしたら短小が治るというのは本当か?

【子供の時の包茎手術をすれば短小になるのを防げる】男性にとって、およそ「短小」といわれるほど屈辱的なことはありません。
ましてやそれを女性から指摘されたりすると、生きていく希望さえ失ってしまうと言っても、決して大げさな表現ではないのです。
たとえ生きていくことはできても、その生き方は積極性の乏しい、どちらかと言えば消極的な人生になってしまうのではないでしょうか。
では短小をなくすためにはどうしたら良いのでしょうか。
それは幼少時に包茎手術を施すことです。
一般的に男性の陰茎が発達する時期は、18歳までの間に2回あると言われています。

その2回とは小学校入学時と中学校入学時だそうです。
したがってそのときに包茎状態だと、ペニスは成長しにくく、結果として短小になる確率が高いといわれています。
そういったことにならないためにも、子供のときの包茎治療が必要なのです。